外国為替で取引

FXのナンピンとは

FXでは、大きな利益を目指して取引をしている方は多いです。
特に初心者の方は、FXによって大金を手に入れたら、色々とやりたいことを妄想している方は多いのではないでしょうか。
けれども、肝心なことを忘れてはいけません。
それは、FXというのは、得をすることもあれば、同じぐらい損をすることもあるということです。

ひょっとしたらかなり大損をしてしまうこともありえます。
その時のためにリスク管理をきちんとしておくことは大切なのです。
しかし、FXでは、様々な手法があります。
その中にはなるべくリスクを増やさないように行動しようという方法もありますが、中にはリスクが大きくなる可能性があったとしても、最終的に利益を得ようとする方法も存在しています。
そのような方法の一つがナンピンです。

たとえば、1ドルが105円の時にドルを買ったとしましょう。
この時は、ここから円安に動いていくと予想をしているので、買ったわけです。
しかし、予想とは違い、ここから相場がどんどん下落していくこともあります。
もし、この時に1ドルが95円まで下がったとします。
この時にドルを買い増しをしたとします。

すると、ドルが100円の状態まで相場が戻ると、そこで、収支が0になるというわけです。
この方法は予想と違う動きをしたとしても、損失を発生させないようにするための方法です。
しかし、これは一つの仮定を立てていて、それ通り動けばナンピンは上手くいきます。
どういう仮定かというと、それは相場が一度下落したのにまた上昇をして元に戻るという仮定です。
しかし、相場の動きというのは完全に予想をすることは不可能です。

ひょっとしたら、さらに下落を続けていくかもしれません。
その場合はかなり大きな損をすることになります。
ナンピンというのは、損失が発生しそうな状況になったとしても、何とかしてその分を取り戻そうとする方法です。
しかし、かなり高い精度で相場の動きを予想できないと効果がないので、初心者はやらないようにしましょう。

Copyright(C) 2013 経験を積んで利益アップ All Rights Reserved.