外国為替で取引

FXの逆張りとは

FXでトレードをやる場合には、ただ闇雲に売買を繰り返しているだけでは駄目です。
そのやり方だと一向に利益を上げることができなくなるでしょう。
利益を上げるためには、きちんと理にかなった方法を採用して、その方法に従って売買を繰り返していく必要があります。
FX初心者の方はどういった方法を用いれば利益を上げることができるのか、それに関しての知識を全く持っていないでしょうから、きちんと一つ一つの方法を覚えて行きましょう。
トレードの手法の一つに逆張りがあります。

逆張りというのは、相場が底値に達しそうだなと判断をしたら、そこで買います。
相場が下降傾向にあるのに買うことになるので、逆張りという名称が付けられました。
通常は、これから相場が上昇しそうな時に買います。
この場合は、そのまま相場が上昇し続けてくれば、その後に売ることによって利益を得ることができます。

しかし、逆張りの場合は、一旦相場が下降をして底値に達して、その後に上昇をすることを見越して買うことになります。
つまり、結果的には上昇傾向になり、最終的には利益を上げることができるかもしれないというわけなのです。
逆張りは上手くいけば底値に近いタイミングで買いを入れることができるようになります。
そうすれば、かなり大きな利益を得られる可能性があります。

けれども、逆張りは狙い通りにいかない場合もあります。
下降しそうな傾向があるからといっても、そのまま下降をして、その後に上昇をするとは限りません。
そのまま、停滞をし続ける可能性があります。
あるいは、さらに下がり続けてしまうこともあります。

もし、逆張りで買った時点からさらに相場が下がり続けてしまうと大きな損失になります。
上昇傾向に逆らって買いを入れることになるので、失敗した場合にはリスクが大きいというわけなのです。
逆張りをする時は、ある程度はギャンブル性があるということになります。
したがって、FXの初心者の方には逆張りはあまりオススメできません。

Copyright(C) 2013 経験を積んで利益アップ All Rights Reserved.